知りたい!二重整形の種類

切らずに二重が作れる「埋没法」

二重整形には大きくわけて2つの種類があります。「埋没法」と「切開法」です。埋没法は、まぶたに医療用の糸を数カ所埋め込んでまぶたを糸で留めることで二重を作り出す方法です。皮膚を切ることなく二重を作れる点が最大のポイントです。切開しないので、施術後の痛みや腫れが少ないというメリットがあります。施術時間も15分前後と短く済むため、メイク感覚で気軽に手術を受けることができるスタンダードな二重整形です。
埋没法では医療用の糸でまぶたを留めているだけなので、二重の形が気に入らないなど何らかの理由で元に戻したい場合、糸を外すことで元に戻せるケースもあります。そのため、はじめて二重整形を行う方や手軽に目元の印象を変えたい方などに適した方法だといえるでしょう。

半永久的な二重が作れる「切開法」

埋没法では切らずに二重を作るのに対して、切開法では、新しく作る二重のラインの沿ってまぶたの皮膚を切開し二重を作るのが特徴です。切開後、脂肪や筋肉の切除など必要な内部処置を施した後に再度皮膚を縫い合わせて切開した部分の皮膚とその下の組織を癒着させ二重を作ります。切開する分、埋没法よりも痛みや腫れがあるのが一般的ですが、一度施術を受ければ、半永久的な二重を手に入れることができる点がポイントです。二重の施術と同時に目元の余分な皮膚や脂肪を切除することも可能です。
切開法には大きくわけて全切開と部分切開の2つの方法があります。まぶたの皮膚を切開して二重を作る点はかわりませんが、切開する長さが異なります。全切開ではほぼまぶたの端から端まで切開するのに対し、部分切開では1~2センチ程度とまぶたの一部を切開します。どちらの方法を選択するかはドクターと相談して決めます。

© Copyright Treatment Selection. All Rights Reserved.